ほのぼのとした ここちよい にちようび
おにいちゃんといっしょに ちかくのこうえんで 
スイングにのった
​とりといっしょにとんでいるようだった

The Story

Naokism は、カリフォルニア州サンフランシスコ郊外でスタートしました。

クリエイターは、Naoki M.。彼は、スペシャルニーズの一人。幼い頃から絵を描くのが大好きでした。今でもライフワークとして、書き続けています。彼の描くアートの世界は、鮮やかな色彩のポップな絵柄が魅力的で、見る人の心を楽しませてくれます。彼は、自らの感情を言葉で伝える事が難しいのですが、絵を通して独特の世界を表現します。母親Kは、彼の手先の器用さと緻密さ、そしてパターン認識の強さを生かし、楽しみながら打ち込めることはないかと長年探し続けてきました。そして数年前にビーズの世界に出会いました。すぐにビーズ製作に夢中になり、Kがデザインを与えた所、並外れた集中力で完璧に作り上げる事が出来るようになりました。

今では、ビーズ作りは、幼い頃から描いていたポップアートに加え、ライフワークとなり毎日作品を作り続けています。当初は、Kが自分用のジュエリーを作ってもらっていました。嬉しそうに身につけるKをNaokiはどこか誇らしげに喜んで見ていました。毎日楽しそうに作り続ける姿を見て、彼の自立支援の一助として、そして少しでも多くの方々に作品を知っていただくためにNaokismを発足させました。

Meet The Team

Naoki M.

Artist/Creator

子どもの頃から絵を書くのが大好きでした。小さなボックスの中に大好きな動物や宇宙などを次から次へ描いていきました。そして小さい時に訪れたハワイのビーチでくらげに刺されるという体験。大泣きした後、家に戻ってからは海の絵には必ず紫色のくらげが描かれるようになりました。家族は、彼の将来に向けて何か楽しみながら打ち込めるものはないか長年探し求めました。2014年にビーズの世界を紹介したところ夢中になり、今では毎日母親のデザイン画をもとに一針ずつこつこつ製作しています。

Keiko M.

Creative Director/Designer/Founder

Naokiと二人三脚ではじめたビーズアクセサリー製作。はじめは自分が身に付けたいものをデザインして、それを作ってもらっていました。その喜ぶ様子を本当に誇らしげに眺めるNaoki。その後地元のパロアルトアートセンターのギフトショップや友人たちへの販売を通じて、彼の将来の自立支援の一助になればと思いこのビジネスをスタートしました。 一針一針繊細な手作業で作り上げられたアクセサリー作品をより多くの方々にご紹介できればと思っています。

More About Naoki



直樹

毎日何時間もビーズ製作をしている。彼にとっては心落ち着く安らぎの一時かも。

小さい頃

小さい頃から絵を描くのが大好きだった。お気に入りのMaisyビデオを見て、急にその一場面を描き出した。





お絵かき

彼の絵には思い出がつまっている。ビーチやファーム、そして宇宙など。

アート

アートのクラスでは、素晴らしい先生や友達との出会いもあった。





生活

いろいろなところに行くのが大好き。そうした体験が彼にインスピレーションを与えてくれる。イルカとはお話ができるのかも。

その他。

好きなことはたくさんあるけれども、特にアートとクラフト、海、食べることそして人の笑顔が大好き。




Please wait...

Subscribe to our newsletter!

Be the first to hear about our sales and stores! Enter your email address and name below!